アクネ菌がニキビの原因じゃないってホント?

アクネ菌とニキビどういう関係?の画像

このブログを見てくださっている多くの方は、実際にニキビに悩まされているという方も多いのじゃないかと思います。私が今まで行ってきたニキビのためのスキンケアなどに関して書いていることが多いのですが、今回はニキビの基本的なこと、アクネ菌について書いてみますね。

なぜ今さらニキビの原因として当たり前のアクネ菌のことに関してどうのこうの言おうと思ったのかというと(笑)ニキビケアって単に出来てしまったニキビをケアすれば良いというワケではないのです。ニキビの原因をちゃんと知って、根本からケアしてあげるということが大事なのです。

結局のところ根本からケアをしてあげないと、出来たニキビだけをケアをしていてもまた繰り返すということになるだけなのです。それと、ニキビ=アクネ菌が原因と思われている方も多いと思うのですが、実はアクネ菌の存在が悪いということではないのです。

ニキビの原因としてアクネ菌を知っている方も多いですが、そもそもどんな菌で、どこに生息しているものなのか知っている方は少ないのではないでしょうか?

実はアクネ菌についての勘違いのせいで、間違ったニキビケアをしてしまっていることも多いのです。

適切なニキビケアをするためにも、アクネ菌についての理解を深めて正しいニキビケアをすることが大切だということなのです。この記事を読んでいただければ、どういうケアが必要なのかというのが分っていただけるかと思います。

ではニキビとアクネ菌の関係について書いてみますね。

アクネ菌ってそもそもなに?

本来のアクネ菌の働きの画像

一般的にアクネ菌というと、「菌」という言葉からくるイメージによって体内から排除すべき邪魔なものという認識を持っている方が多いと思います。幼い頃から「バイ菌がついているから手を洗いなさい!」などと言われたりしていると知らず知らずの内に菌という言葉に悪いイメージしか持てなくなってしまいますよね。

しかし、人間の体にはもともと無数の菌が存在しており、その中でも体にとって良い働きをしてくれる菌は「善玉菌」と言われており、病気などを体に悪い働きをする菌のことを「悪玉菌」と言うのです。

ニキビの原因とよく言われているアクネ菌も、どんなにきれいな肌をした方の皮膚にも元々存在している「常在菌」と言われる菌なのです。

アクネ菌はニキビの原因となるものという嫌な一面だけがクローズアップされがちなのですが、実は私たちの肌の健康を守るための菌なのです。つまりアクネ菌は本来「善玉菌」に分類される菌なのです。

私たちの肌はトラブルに繋がる雑菌などが繁殖しないように「雑菌をガードするために皮膚は弱酸性に保たれている」という話を聞いたことはありませんか?最近ではボディソープのCMなどでも耳にしたことがあるんじゃないかと思います。

アクネ菌は大好物の皮脂を食べて脂肪酸という酸性の物質を排出することで、皮膚の環境を弱酸性に調整してくれているのです。そうなんです、皮膚の弱酸性のガード機能を作り出してくれているのは実はアクネ菌なのです。

このようにアクネ菌自体がニキビの原因という多くの方の認識とは違って、アクネ菌は本来「私たちの肌を雑菌から守るためには欠かせない存在」なのです。

アクネ菌とニキビの関係性

アクネ菌がニキビになる原因

アクネ菌が肌に存在しているからニキビが出来てしまうという訳ではないことはお分かりいただけましたか?アクネ菌は本来肌の健康を保つためには必要な菌なのです。

でも、なぜそれだけお肌にとって欠かせないはずのアクネ菌がどうしてニキビを発生させてしまう原因と言われているのでしょうか?

結論から言うと、アクネ菌そのものがニキビの原因となっているのではなく、「アクネ菌の急激な増殖がニキビという問題を大きくしてしまう」のです。

通常、アクネ菌は体の免疫細胞の作用によって、ある程度の数で保たれるように調整されているため急激に増えるようなことはありません。しかし、アクネ菌にとって悪条件が揃ってしまうと免疫細胞だけでは抑えきれなくなりアクネ菌は一気に増殖してしまうのです。

先ほど書いたようにアクネ菌は皮脂が大好きです。皮脂を栄養分にして酸性の物質を作り出しているのです。しかしその一方で、アクネ菌は酸素が大嫌いという一面があります。

そのため、皮脂がたくさんあって酸素が少ないという条件が揃うとアクネ菌が急激に増えてしまうのです。

皮脂がたくさんあって酸素が少ない…なかなか分りにくい状態ですよねw分りやすく言うと、このような悪条件が揃ってしまいアクネ菌が急に増殖をしてしまう時というのが、毛穴が詰まった時なのです。毛穴が詰まった時はアクネ菌の増殖に要注意なのです。

例えば、古い角質などが詰まって毛穴の入り口が塞がれると、皮脂が毛穴から出にくくなってしまい毛穴に溜まり、同時に毛穴の内部には外から酸素が入りにくくなるために毛穴の中でアクネ菌が増殖していきます。(これが白ニキビと言われるもので、ニキビの芯と言われている白いものが毛穴から覗いている状態です)

毛穴の中でアクネ菌は大好きな皮脂をたくさん食べて脂肪酸をいつも通りに排出します。さらに毛穴の内部は酸素が入りにくくなっているためアクネ菌には好都合なのです。本来は肌を弱酸性に保つはずの脂肪酸がアクネ菌の増殖によって過剰に排出されて刺激となり、皮膚が炎症を起こしてしまうという訳なのです。

こうして毛穴の中の炎症が悪化していくと、ニキビはどんどん成長していきメイクをしても隠しきれないような赤いニキビになってしまうのです。これがアクネ菌によってニキビが引き起こされるということなのです。

少し長くなってしまったので赤ニキビができてしまう過程を簡単にまとめると…

・毛穴が詰まる(白ニキビ)

・アクネ菌の好む環境になる

・アクネ菌が増殖して脂肪酸を多く排出する。

・酸が刺激となって毛穴が炎症を起こす(赤ニキビ)

ということですね。

つまり、アクネ菌は増殖してしまうことでニキビを悪化させる要因にはなるのですが、ニキビの根本的な原因は「毛穴が詰まってしまうこと」にある、というところをしっかりと理解しておいて下さいね。

なので、ニキビケアというのはアクネ菌を無くせば良いということではないのです。私もこのことを理解していなかった時は、ニキビに悩みすぎて「アクネ菌を退治するために顔を消毒すればいいんじゃないの?」なんてことを考えたこともありました(笑)こんなことをしてしまうとさらに消毒液で肌にダメージを与えてしまうことになるので、間違ってもしないでくださいねw

アクネ菌とニキビの関係についてお分かりいただけましたか?アクネ菌のことについてニキビの原因菌だと思っておられた方も多いかと思います。ニキビってどうしても出来たニキビだけに意識がいってしまって、なぜこうなっているのか?ということにまで考えがいかなかったりしますよね。ちゃんとアクネ菌とニキビの関係を知ることによって、何が正しいニキビケアなのかということが理解出来るのです。

アクネ菌は殺菌することができるの?

アクネ菌は殺菌できる?の画像

先ほど私がニキビに悩んでいた時に、アクネ菌を殺菌すればニキビが治るかも?という風に考えていたことがあったと書きましたが、コレ実は実際にアクネ菌のせいでニキビが出来てしまうと思っている人の中では殺菌すれば良いと思っている方が本当に多いのです。

最初にもお伝えしたようにアクネ菌は常在菌で本来肌のガード機能を作るために必要な菌なので、仮に殺菌してみたところで完全に消すことはできません。自然とまた作り出されるのです。それにアクネ菌自体が完全に無くなってしまうと、皮膚のガード機能が失われてしまい、もっと酷い肌トラブルに…なんてことも十分に考えられるのです。

ショッピングサイトなどの消毒液やニキビケアグッズの口コミを見ていると、「傷口を消毒する時に使うマキロンを塗っておいたら治った」というような口コミもあったりするのですが、消毒に効果があったのか、治りかけていた時に偶然消毒をしただけなのか不明で、アクネ菌を消毒したから治ったということは言えないのです。

ニキビの原因はアクネ菌が存在しているということではなく、毛穴が詰まってアクネ菌が増える環境を作ってしまうことがそもそもの原因であるため、殺菌によって菌を減らすことができたとしても、一時的に症状の悪化を抑えることしかできないでしょう。

結局は毛穴の詰まりを解消しない限り、再びアクネ菌が毛穴の中で増殖してしまう可能性が高いため、殺菌自体にニキビを根本的に治す効果は期待できないのです。

アクネ菌に抗生物質は有効?

抗生物質ってアクネ菌には?の画像

あと、ニキビに悩まれている方で先ほどのアクネ菌を殺菌するというのと同じぐらい多いのが、抗生物質を使えばニキビが治ると思われている方も多いのです。

抗生物質というのは特定の菌に作用するために作られた微生物を使った薬で、市販の消毒液などよりも強力な効果のあるものです。

皮膚科でニキビの治療を行う時には抗生物質を使うのが一般的で、代表的なものとしてはアクアチムやダラシンTゲルという塗り薬があります。ニキビで皮膚科を訪れた時によく処方される塗り薬ですね。

ニキビに悩んでいる方の中には、皮膚科でニキビ用の薬を貰って塗れば早く治るだろうと期待している方もいるかもしれませんが、抗生物質の効果というのはあくまでも殺菌なので、ニキビを根本から治すというのではなく、既に出来てしまった赤ニキビの症状を緩和したいという時のみ有効な手段なのです。

例えばニキビがどんどん炎症して大きくなったり、化膿してひどい状態になりこれ以上悪化するとニキビ跡となってクレーターのような大きな痕になりかねないという時、殺菌をして症状の悪化を防ぐために抗生物質を使うのです。

なのでニキビがよく出来るからというような場合に、抗生物質を使ってもニキビの予防効果は期待できないため、ニキビが出来るのを防ぐためには何の解決にもならないのです。

また、抗生物質は基本的にアクネ菌を殺菌するために処方されるのですが、増殖しすぎてしまったアクネ菌を殺菌するためなのです。そのためアクネ菌が増殖して赤く炎症を起こしたニキビじゃないと抗生物質の効果が期待できない、ということを覚えておいて下さい。

アクネ菌の増殖を防いでニキビを予防するにはどうすればいいの?

根本的にニキビを解決

アクネ菌とニキビのこと、理解していただけましたか?私もこのことを知るまでは、アクネ菌さえどうにかすれば、悩んで外にも出たくなくなるようなニキビのことは解決できると思っていました。実際に顔全体を消毒しようと思っていたぐらいです。(笑

何度も書きましたが、アクネ菌の存在自体がニキビを引き起こすというワケではないのです。毛穴が詰まって、その毛穴の中にアクネ菌が増殖することで結果としてニキビになってしまうのです。なので…

何度も繰り返してしまうニキビを予防するためには、毛穴の詰まりを解消してあげる。

これが何よりも大切なのです。なぜ毛穴が詰まってしまうのかというと、主な毛穴の詰まりの原因というのがこの2つなのです。

・皮脂が過剰に分泌されて、皮脂によって毛穴が詰まってしまう。

・古い角質が毛穴に詰まってしまう。

毛穴の詰まりの原因としてよくあるのがこの2つなのです。

毛穴の詰まりを改善しようと考えた時に、「こまめに洗顔をすればいいんじゃないの?」と思いませんでしたか?

確かにこまめに洗顔をすれば毛穴の詰まりも改善されそうな気がしますよね。でも毛穴の詰まりを改善しようとしてこまめに洗顔をするというのは間違いなのです。

洗顔を1日に何度も繰り返してしまうと、今度は必要な皮脂まで洗い流すことになり、肌の乾燥を引き起こしてしまうのです。そして肌は乾燥を感じて乾燥を防ごうとして皮脂を過剰に分泌をして、今度は過剰に分泌された皮脂によって毛穴の詰まりが起こってしまうという悪循環に。

そうなんです、洗いすぎはニキビ予防には禁物なのです。じゃあどうすれば毛穴の詰まりを解決してアクネ菌の増殖を抑えニキビをケアできるのかというと…

洗顔をするときに毛穴の詰まりをちゃんと洗い流すと同時に、肌の潤いを保ってあげる。

ということがニキビケアには重要なのです。これが毛穴の詰まりが引き起こすニキビの悩みを解決するための一番の近道なのです。

けれど、一般的な洗顔料だと毛穴の汚れは落としてくれるのですが、同時に肌に必要だったはずの皮脂まで洗い流してしまう可能性があるのです。

そこで今ニキビを何度も繰り返して悩んでいるという方にオススメなのが、ニキビ用の洗顔料なのです。私の毛穴の詰まりを解消してニキビの悩みを軽くしてくれたのが、この洗顔料です。

■NonA(ノンエー)

ニキビ洗顔料NONAの画像

NonA(ノンエー)は繰り返して出来てしまうニキビに悩む方のために作られた、薬用のニキビ用洗顔料で、ニキビの原因となる毛穴の詰まりをモチモチの泡で洗い流して、肌が乾燥しないように潤いを肌にプラスしてくれるので、毛穴の詰まりを洗い流すのと皮脂を過剰分泌させないという2つのことを同時にしてくれるのです。

私が赤ニキビを何度も繰り返してしまっている時は、ドラッグストアや通販などでニキビに良いと言われている様々な洗顔料を試したのですが、結果私の繰り返す赤ニキビを解決してくれたのはこのNonAでした。

まず初めて使ってみた後に、他のニキビ用の洗顔料とは洗い終わった後の潤いが実感できるはずです。

ノンエーはよくあるニキビ洗顔料よりも値段が少し高くて、私も最初は「もし肌に合わなかったら…」ということを考えてしまい、購入するのをためらっていたのですが、ノンエーは肌に合わなかった場合は全額返金してくれるのです。それで安心して購入を決意しましたねw

ニキビ用の洗顔料ってホントにたくさん販売されていて、どれがニキビの悩みを解決してくれるのかってわかりにくいのですが、ニキビに悩まされ過ぎていた私がたどり着いたのがこのノンエーでした。

この記事を読まれている方の中で、何度も繰り返す赤ニキビに悩まされてアクネ菌が原因かもしれない…と思われていた方はこのノンエーをまず最初に試してみてください。ホントに他の洗顔料は買わなくても大丈夫なので。

毛穴の詰まりを洗い流して、アクネ菌を増殖させない状態にしてニキビをケアしてくれますよ。

▼無理だと思っていた私のニキビも…♪♪
ボタン

アクネ菌のことを理解してニキビケアをすれば…

ニキビは正しい知識でケア

少し長くなりましたがwアクネ菌とニキビの関係はこういうことなのです。最初に書いたようにアクネ菌のことを理解すれば、ニキビの原因は毛穴の詰まりだということがお分りいただけたかと思います。

少なくともこの記事を読んでいただいた方は、私のようにアクネ菌を全部殺菌してしまおう!なんてことは思わないですよね(笑

繰り返してしまうニキビをケアするためには、原因を知ることが大事なのです。私も何度もニキビを繰り返して、その度に洗顔や化粧水を変えてということを繰り返していたのですが、毛穴の詰まりが原因ということを知ってからは、毛穴を詰まらないようにするということだけを心がけました。(と言っても洗顔料を変えてゴシゴシ洗わないようにしただけですけどね。)

それだけでも次第に新しく出来てくるニキビの量が減ってきて、少しずつニキビの悩みが軽くなりました。

なので、ニキビが出来てしまった時はアクネ菌がどういうもので、なぜニキビが出来てしまうのかということを思い出してください。そうすれば毛穴の詰まりを無くすことでニキビはケアできるということが分かっているので、余計なニキビケアグッズにお金を使わずに済むのと、ニキビが出来ることが今までよりも怖く無くなるはずなので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です