水洗顔でニキビは治るの?

水洗顔でニキビはキレイに?の画像

水洗顔は本当に良いのか私が実際にしてみたこと!

冬は乾燥、夏には日焼け、季節の変わり目はニキビが、など一年中お肌トラブルと戦っている女性は多いと思います。私ももちろんその一人なわけです。

特にニキビなんて若いうちだけだから…と思っていたのですが、25歳を過ぎてもニキビは現役で(笑)重症化してしまったなんてこともありました。

さすがにこの歳になってニキビに悩むなんてことは思っていなかったのですが、そんな肌トラブルを一気に解消したい!と思っていたところ、水洗顔なるものを知ったワケです。その水洗顔をすれば大人のニキビとサヨナラできるという話を見かけたのです。

お薬を使用するわけではなく、高価な美容器具を使うわけでもなく、ましてや洗顔すら使わない、それで肌トラブルを改善できるなんて素敵な話ですよね。そもそも水洗顔とは何なのでしょうか?どうして水洗顔はナゼ肌にいいと言われているのでしょうか?

私が水洗顔を試してみて、ニキビや肌の調子がどうなったのか?ということを書いてみますね。

一部で言われている水洗顔の噂って?

水洗顔はどう良いの?の画像

水洗顔、聞きなれない人もおられるかもしれませんが一部の人の間ではかなり前からブームになっているようです。美肌で有名なかの有名女優さんも実践しているなど、芸能人の間でもちょっとしたブームになっていたんです。

そもそも水洗顔とは何なのか?というと、答えは簡単、洗顔料を使用せず水だけで洗顔するというものです。しかも洗顔後の化粧水も使用しません。それでは皮脂が残ってしまいそうで不安ですよね。化粧水も使用しないなんてカッサカサ肌になってしまうのではないかとも心配です。

しかし、この水洗顔で乾燥肌が治った、オイリー肌でニキビが多かったのが解消されたなどという話が一時期広まっていたのです。乾燥にもオイリーにも正反対の肌質なのに、どっちにも効果があるというのがすごいですよね。

これが本当なら、毎月買っていた洗顔料どころか化粧水や乳液まで必要無くなるし、それで肌がキレイになるのならやらない手はないですよねwwって感じで当時の私は水洗顔に夢のような期待を膨らませていたワケなんですw

•水洗顔の乾燥肌への効果とは?

水洗顔が乾燥肌に効果があると言われてるのはなぜかというと、乾燥肌の主な原因は洗顔料などによる刺激だと言われているのです。洗顔料による刺激や洗いすぎで肌の油分も水分も必要以上に奪い取られてしまうからなののです。

特に洗顔料に含まれている泡立ちを良くする成分の「界面活性剤」は肌にかなりのストレスを与える原因なのです。人工的な合成物で泡立ちを良くした洗顔料は逆に肌に刺激を与え、皮脂や水分を奪ってしまい、乾燥肌の原因になってしまうということなのです。

それが水洗顔だと、洗顔料を使わないので肌への刺激も少なく、必要以上に肌から皮脂や水分を奪わないので、乾燥肌が改善されると言われているのです。

•水洗顔のオイリー肌への効果とは?

オイリー肌は皮脂が過剰分泌されてしまっている状態で、皮脂が余分に分泌されてしまうことによってテカりや毛穴の詰まりの原因になってしまうのです。

通常人間の肌は乾燥による肌のダメージを防ぐために、皮脂が分泌されているのです。肌の水分が少なくなったり、肌に本来あるはずの油分が奪われるとそれを補うためにいつもよりも多くの皮脂を分泌します。その常に皮脂が余分に分泌されてしまっている状態がいわゆるオイリー肌なのです。

肌にテカりが出てしまっていたり、ギトギトとした感触があると洗顔をする時にキレイに洗い流そうと思って、念入りに洗顔料を使って洗顔をしてしまいますよね。これが余計に肌の水分や皮脂を奪ってしまい、オイリー肌をさらに加速させてしまうことになってしまうのです。

オイリー肌の場合も乾燥肌と同じで、水洗顔をすれば皮脂を洗い流し過ぎることなく洗顔が出来るので皮脂の分泌が自然と抑えられ、オイリー肌が改善されると言われているのです。

水洗顔でニキビが治るといわれているそのワケは?

ニキビが治る理由って?

水洗顔って肌へのストレスも軽減できて乾燥肌やオイリー肌にも良い。これだけでも肌トラブルに効果がありそうですね。さらに水洗顔はニキビへの効果も期待できると言われているのです。私の場合はこのニキビへの効果が特に魅力的だったんですw

•水洗顔で角質保護をしてニキビ予防

大人ニキビの原因として一番大きいのは角質の炎症です。女性の場合、角質はクレンジング剤や洗顔料によりはがれやすくなってしまいダメージを受けやすい状態になってしまうのです。無添加石鹸を使ったとしても、石鹸にアルカリ性の成分が含まれていると、少なからずのダメージをうけてしまいます。

角質がダメージを受けて炎症を引き起こしてしまうと、大人ニキビができやすくなってしまうと言うわけなのです。

そこで水洗顔にすることでクレンジングなどによる角質へのダメージを最低限に抑えることができ、角質がはがれてしまうのを防いで大人ニキビができるのを予防するとともに、できてしまったニキビにも刺激を与えないのでニキビ改善につながるということなのです。

•肌のターンオーバーを改善してニキビ予防

大人ニキビのもう一つの大きな原因は肌の乾燥です。年齢を重ねると皮脂の分泌量が減ってしまい肌はどうしても乾燥しがちに。それに加えて女性の肌の乾燥を加速させるのが化粧品の使用と言われています。性能の良い洗顔料などで皮脂をしっかり除き去ってしまうと本来肌が必要としている皮脂まで奪い取られます。

その肌の乾燥をカバーするために化粧品を使って肌を必要以上に保護したり、美容液などで過剰に栄養を与えてしまうと肌が本来持つ再生機能(ターンオーバー)が低下してしまい乾燥肌を引き起こし、それがニキビの原因になってしまうのです。

水洗顔で乾燥肌を改善するとともに、肌が持つターンオーバーを正常に働かせることで肌トラブルの改善、ニキビ予防につながるということなのです。

逆に皮脂が過剰に分泌している状態のオイリー肌のニキビは、水洗顔だけでは落としきれない皮脂が過剰に分泌されている部分には少しだけ洗顔料を使って併用していくことが効果的だと言われています。

乾燥肌によるニキビなのか、オイリー肌によるニキビなのか、肌の状態をしっかり見極めて水洗顔の方法を選ぶ必要があるのです。

水洗顔を実践してみた。

水洗顔を試してみたの画像

私の肌は乾燥肌でニキビができるという状態でした。社会人になってから急に肌の乾燥、特にアゴやフェイスラインの乾燥が気になりだしました。

それで水洗顔のことを調べてみたら、私みたいな肌の状態が水洗顔で一番効果が出やすい肌だと思ったので、早速水洗顔の効果のほどを試してみたのです。一応水洗顔で、もし何か肌に異常が出たら会社に行くのが嫌になってしまうのでw特に予定のなかったゴールデンウィークに試すことにしたのです。

水洗顔、といっても実際に冷たい水で洗えばいいというわけではないのです。手で触って冷たいと感じる水で洗うと肌がびっくりしてしまい、冷たい水自体が刺激になるからですね。

それと冷たい水をいきなり肌につけてしまうと毛穴が収縮して逆に汚れが詰まってしまうという可能性もあるのです。そのため水洗顔をする時の水の温度は34~37度くらいの肌の温度に近いぬるま湯が適しているのです。

私が行ったのはとりあえず朝に水洗顔をして、夜には仕事が終わって家に帰ってきたらクレンジングシートで化粧を落とした後で、丁寧に水洗顔をするという方法にしました。心配だったのは化粧がキレイに落ちきるのかな?というのが不安でした。

実際に長期にわたって水洗顔を実践している方も、朝だけ水洗顔をするという方や朝夕2回水洗顔という方など自分の肌の状態に合わせて調整しておられるようです。

水洗顔開始!wとはいってもそんなに意気込むほどのことは何もありません。注意するべきなのは洗顔前にしっかり自分の手を洗っておくことです。手には雑菌がいっぱいなので、顔の肌に雑菌をつけてしまうことがないようにしなければいけません。

また、洗顔と言ってもぬるま湯を使って手でゴシゴシ洗うのではなく、両手でぬるま湯をすくい優しく顔につけるというのが理想的です。時間をかけてしまうと、ぬるま湯も冷めてしまって、ちょっと冷たく感じるようになってきたので、「水を顔につける」回数の目安も15回~20回くらいでしていました。

意識的に顔を額、目元、ほほ、鼻、あごの5つに区分して洗顔をするのが良いと思います。

額、鼻、あごの3か所は皮脂の分泌が多いいわゆるTゾーンですね。ここにぬるま湯をつける時に皮脂の残りが気になったので他の部よりも入念に水をつけていました。

逆に、目元やほほは特に乾燥しやすい部分なので、できるだけ優しく水洗顔することを心がける必要があります。

•初めて水洗顔を試して感じたことは?

ぬるま湯だけでの洗顔でもある程度スッキリするんだな、というのが正直な感想です。水洗顔では正直皮脂やメイクが残ってしまうのではないかと心配でしたが、私個人としては洗顔料を使用した時よりも少し肌の皮脂の洗い流しが気になるかなといった感じでした。

水洗顔を試した!とはいっても劇的に肌に変化が出るわけではありません。実際に水洗顔での効果が見え始めるのは1か月後くらいからということなので、気長に続けていく必要があります。

けど、毎日の洗顔の方法が少し変わるだけなので、続けていくことにストレスはありませんでした。効果が出ればともっとやる気が出るんだろうなという感じで、連休中は特に大したトラブルもなく、水洗顔を続けてみることに。でも…

水洗顔ではニキビは治らなかった。

水洗顔じゃダメだったの画像

水洗顔を1か月続けてみた結果、私は水洗顔のニキビに対しての効果はあまり感じることが出来なかったのです。というのも水洗顔をしていた1か月間にもニキビが出てきたり消えたりが繰り返されたからなのです。肌質によって違いはあると思うのですが、肌は以前よりも少し潤っているのかな?というぐらいの感じだったのですが、以前よりもニキビが気になってしまうようになったのです。私の場合は水洗顔でニキビを改善するには至りませんでした。

ニキビの種類にもよるのかもしれませんが、水洗顔は乾燥肌によるニキビには効果が見られるようです。しかし、多くの女性にとってニキビができる原因って1つではないですよね。乾燥もしかり、ホルモンバランスの乱れや、ストレスもしかり、こういった場合には水洗顔だけでニキビを治すというのは少々難しいように感じます。

実際にいろんな方の経験談を見てみると、水洗顔を初めて逆にニキビが多くなったとか、肌の調子自体は上向いているけどニキビへの効果は実感できない、という方も多いのです。

特に思春期の方など、皮脂分泌量が多く汗をかくことが多い年代のニキビには水洗顔は逆効果かもしれません。

大人ニキビではあっても原因が乾燥ではない場合、また私のようにニキビの原因が肌の調子だけではない場合は、水洗顔でニキビを治すことはなかなか難しいかもしれないです。水洗顔を取り入れつつもニキビ対策として何らかの方法を考えることが必要になってきますね。

水洗顔は私には向いてなかった。

水洗顔には個人差があるの画像

水洗顔のニキビ以外の効果として、オイリー肌や乾燥肌の改善、肌そのものが元気になる、角質を正常に整える、などあげられますが、私は自分ではそれほど「肌が変わった!」と思えるような効果を実感できませんでした。水洗顔を初めてしばらくすると、肌に皮脂浮きがあったり、角質がかさぶた状になるという方もおられるみたいです。

これは肌の状態が改善されている証拠なのでいいのだ、という見解もありますが私はそこまで目立った変化もなく、特に何かが変わったという実感はありませんでした。仮に皮脂が浮かび上がっていたり角質がかさぶた状態になってしまったら、女性の場合は人に見られるのが恥かしいと思ってしまいますよね。

お仕事の性質上、朝水洗顔をしてもその後何もつけない、ということはできません。化粧をしなくてはいけないので朝水洗顔をしたとしてもすぐに化粧水、美容液、そして日焼け止めクリームなどを重ねていってしまうので効果が表れにくかったのかもしれません。

夜も化粧を落とすためにはクレンジングは必須ですから、純粋に朝夕水洗顔のみを試せていなかったことが、もしかしたら水洗顔でニキビが改善できなかった原因かもしれません。

1か月間水洗顔を続けた結果、 コレという肌質改善には至りませんでしたし、ニキビが改善されたということもありませんでした。皮脂が残っているような感じはそこまで感じませんでしたが、肌の乾燥が改善されているな、という実感にも至りませんでした。
なんとなく肌が元気になってきたのかもしれませんが、やはり季節の変わり目には肌に炎症が起きている感じでした。

水洗顔で肌質を改善し、ニキビや炎症などのトラブルを解消できる方もおられますから、そういう方と比べると私は水洗顔が向いていないタイプだと思われます。期待値が高かったためか少しがっかりしてしまった感じはありましたね。

水洗顔って結局のどころどうなの?

水洗顔で実際に頑固な大人ニキビを改善し、ニキビができにくい肌になったという方もおられます。ニキビが改善されるメカニズムも理論的にも正しいですよね。

けど、体質、肌質、生活習慣によるものも大きく、水洗顔が合う人と会わない人があるようで、残念ながら私には合っていませんでした。

水洗顔は特に何かの手間がかかるわけでもありませんし、洗顔料や化粧水や美容液を節約することができて良いですし、また肌にとっても余分なものを塗るというわけではありません。そういう意味では水洗顔が何らかの害を与えてくることはありえません。決して「悪いもの」ではないとは思います。

でも、水洗顔だけで肌を改善しようとするのならば、それなりに時間もかかってしまい、その途中経過の状況によっては一時的に肌が汚くなってしまうということも考えられるのです。そのため長期的に試せる状況の方は一度試してみてもいいかもしれません。というぐらいのことしか言えないですね。

私が実際に試してみて、何か肌に変化があったかと言えば、正直なところ水洗顔ではほとんど効果がなかったので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です