「めんちょう」ってニキビとは違うの?

ニキビとはちょっと違う大きな出来物「めんちょう」。ある日、突然できてしばらくすると消えている厄介な炎症です。

めんちょうとニキビの違い、どうしたら早く治るのかこれから紹介します。

「めんちょう」ってなに?

そもそも「めんちょう」よく聞くけど、どこにできる炎症で何者なのか?

漢字で書くと面疔、人によって“めんちょ”と呼ぶ人もいます。

よく手のひらで鼻を覆った時の内側にできるものが「めんちょう」といわれます。おもに鼻周辺に現れる出来物ですが、口の横などにできるときもあります。

めんちょうは見た目の通り皮膚感染症のひとつです。日常生活のちょっとしたことで炎症を発生させてしまいます。いくつか原因を紹介します。

カミソリや毛抜きで毛穴が傷ついたこと

ムダ毛を処理する時にカミソリや毛抜きを使用している人は要注意です。刃物などにより毛穴が傷つき、そこへ黄色ブドウ球菌が感染してめんちょうを作ってしまいます。

とくに、お風呂場に置いているカミソリは刃の部分が錆びやすく、それを知らずに肌を傷つけてしまう場合があります。また、毛抜きは毛を毛根から引っ張るため、毛穴の底が傷つき菌による影響が大きくなります。

汗を放置していたこと

めんちょうができやすい時期、それが夏です。

汗をかくと私たちの肌は皮膚に存在する微生物によって、アルカリ性よりになります。黄色ブドウ球菌はアルカリ性を好むため、汗をかいて放置している肌は菌が増殖しやすいんです。

汗ばんだ洋服をずっと着ていたり、額を流れる汗を放置しているなど不衛生にしているとめんちょうができやすくなります。

メイクを落とさず眠る

メイクをしたらできるだけその日のうちにクレンジングしましょう。毛穴に詰ったファンデーションなどの汚れは、黄色ブドウ球菌のエサとなります。

また、化粧をする際に使うファンデーションのパフやアイシャドーなどのチップも、定期的に取り替えましょう。顔につけるものの衛生管理をしっかりすることが、菌の繁殖を予防します。

ストレスなどで免疫力が低下

風邪や感染症を患っている、仕事が忙しくて寝不足が続いたりすると免疫力が低くなってしまいます。体が弱っている時は、めんちょうを発症する菌などが繁殖しやすく炎症がおこりやすい環境になります。

・めんちょうとニキビって別物なの?

一見するとめんちょうとニキビは同じ出来物に見えますが、できる原因や炎症を引き起こす菌などが全く違います。

めんちょうの特徴

・黄色ブドウ球菌が毛穴や皮脂腺で増殖

・炎症を触ると硬く痛い

・数日経つと膿ができて大きくなる

・肌が弱いと合併症によりかゆみを伴う場合がある

・おもに顔の中心部分にできる

ニキビの特徴

・毛穴に皮脂や古い角質が溜まる

・汚れで塞がれた毛穴の中にアクネ菌が増殖

・初期段階は小さく痛みのない炎症が多い

めんちょうとニキビの原因菌はまったく違うため、同じ皮膚感染症ではありません。

また、ニキビを発生させるアクネ菌より黄色ブドウ球菌の方が炎症性が高いため、できた瞬間から目立つほど腫れる場合が多いです。

大きくめだつめんちょうをついつい潰したくなりますが、ニキビのように毛穴を塞ぐ芯がありません。潰したくても触らなくてもジリジリとした痛みを感じることが多いため、手で触れることすら難しいです。

逆に無理矢理潰してしまうと、化膿して悪化するのでおすすめしません。

めんちょうは市販薬で治るの?病院へ行った方がいい?

鼻の横にできた大きなめんちょう。一刻も早く直したいですよね!

出来るなら誰にも見られないうちに、お金をかけずに治したい。ニキビ治療薬があるんだからめんちょうにだって薬が効果的なはず。

しかし、めんちょうはニキビと病原菌が違うため、ニキビ用治療薬を使ってもほとんど効果がありません。もし使うなら抗生物質が配合された市販薬を利用しましょう。

黄色ブドウ球菌は抗生物質が有効的とされ、小さな炎症であれば1.2週間で目立たなくなります。即効性はなく、塗り続けると少しずつ小さくなるのですが、購入する際は薬局やドラッグストアの薬剤師さんに症状にあった薬を紹介してもらいましょう。

市販薬でも治らない、それどころか大きくなっている気がするのであれば皮膚科を受診することをおすすめします。

皮膚科では塗り薬のほか、抗生物質の飲み薬なども処方されます。外用薬と一緒に内服薬で治療することで、早期完治を目指せます。顔を動かさなくても痛みがある場合は、重症かしている可能性があります。

自己判断でめんちょうだと思っていたけど、医師に調べてもらうとまったく違う炎症だったという可能性もあります。市販薬やしばらく時間が経っても治らなければ、医師の診断を受けましょう。

めんちょうが命にかかわることってあるの?

めんちょうができると死ぬ・・・。なんて、怖いウワサを聞いたことありませんか?

いつからこんな都市伝説が流れているのかわかりませんが、めんちょうの症状によっては死に関係するほど大きな病気を発症させてしまう場合があるんです。

面疔が出来る部分は鼻周りに多く、脳と副鼻腔は薄い骨だけで隣接されているため、重症になると脳炎などの病気を発症させてしまう可能性が高い怖い病気です。

もちろん、めんちょうになったからすべての人が重症化するわけではなく、しばらくすると自然と炎症がおさまる場合が多いです。

めんちょうは細菌の繁殖が原因で、顔の外側にできるのであまり深刻に考えてない人が多いんです。しかし、細菌も血管の中で感染してしまうと脳へ伝わってしまい悪さをする場合があります。

あまり深刻に考えずに潰すなど自己処置してしまう人がいますが、めんちょうは思ったよりも怖い病気であることを忘れないようにしましょう。

これからめんちょを作らないためにも、日頃から予防することが大切です。注意するポイントは、黄色ブドウ球菌を繁殖させない・菌を寄せ付けないことです。そのためにもこのようなことに気をつけましょう。

・毎日洗顔をして生活な肌を保つ

・汗ばむ季節はタオルなどで汗を拭き取る

・カミソリや毛抜きを使ったムダ毛処理をしない

・免疫力を高める生活習慣をおくる

普段のちょっとしたおこないが予防策になります。肌と体を整えておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です